読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ヒカセン、家を買う】第1話「ラベンダー畑でつかまえて」

f:id:pikapunpun:20160405182325j:plain

『ラベンダーベッドSハウス売ります』
運命の歯車が動き出した。

 

それは日曜日の朝の出来事だった。

 

前日夜更かしをしていたのにもかかわらず

何故か早起きしてしまった僕は

少し気怠げだった...。

 

早すぎて出かけるわけにもいかないから

すぐにエオルゼアに帰った。

 

二度寝をする選択肢もあったのだけれど

結果的にこの選択肢が

運命の出会いをもたらすことになる。

 

 

ここ最近週末になるとゴブレットビュートのSサイズハウス

売りに出すパーティ募集が出ていた。

 

しかしこの日は違った。

 

そう

 

ラベンダーベッドSサイズだった。

 

 

慌てて募集主にTellを飛ばす。

 

「おはようございます。募集を見たのですが場所を見てみたいので

今からお伺いしてもよろしいでしょうか?」

 

「はい どうぞ^^」

 

 

すぐにラベンダーベッドに向かった。

 

指定された番地へと向かうと見慣れた光景が目に飛び込んでくる。

 

緩やかな坂道を登り

若草商店街を抜けてすぐに建っている家。

 

一人のララフェルが待っていた。

 

 

この場所は僕がエオルゼアを初めて間もない頃

なかよくしていただいたフレさんの

FCハウジングが立っていた場所。

 

 

見た瞬間に買うことを決意した。

 

「ここ買います!!!」

 

着くなり買うと言われて募集主もびっくりした様子。

 

「本当にいいんですか?」

 

「すごく気に入りました!!!」

 

「ありがとうございます!屋根の上に登ると

とっても眺めがいいんですよ〜^^」

 

 

知っていた。

 

屋根の上からの景色を僕は知っていた。

 

よく登った。

勝手にだったけどよく登ったのだ。

 

 

今日はログインしてないな。

ログインしないのかな?

 

そんなことを考えながら

こっそり屋根の上に登って

ボーッと景色を眺めた。

 

 

思い出の場所だった。

 

 

久しぶりに

屋根に登ってみる景色は

滲んで見えなかった。

 

 

涙が溢れていた。

 

 

 

 

 

だけどここで問題が発生した。

 

募集主さんにお金を払った後

システムから土地を購入しないといけない。

 

勘違いしていた...orz 

約200万ギル足りない...。

 

 

ぴかぷんは考えた...。

f:id:pikapunpun:20160404081839j:plain

 

 

 

 

 

 

そしてひらめいた。

f:id:pikapunpun:20160404081837j:plain

 

 

お金少し足りないので予約させてもらえませんか?

 

一週間で200万ギル稼いできます!!!」

 

 

「わかりました!待ってますね^^」

 

 

なんて優しい家主さんだろうか!!!

 

 

 

そして

 

別れの挨拶を済ませたその刹那

 

ぴかぷんは走り出したのだった...!!!

 

 

この物語は

一人の光の戦士が

思い出の土地に自分の家を買うまでの物語

になるはずだ。