読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ヒカセン、家を買う】第4話「受け継がれる意志」

f:id:pikapunpun:20160422095707j:plain

 

ついに念願のマイホームをゲットしたピカプン
完結したかと思われたこのシリーズ
どうやら物語はもうちょっとだけ続くんじゃ。

 

 

ピカプンは嬉しかった。

でもそれと同時に

あることを思い出す。

 

なぜこの土地を即決で買うことを決めたのかを

まだ話していないということを...。

 

 

この土地がフレさんとの思い出の場所であること

そのフレさんとは今は一緒に遊べていないこと

屋根の上からの眺めの良さを知っていたこと

 

いろんなことを話した。

 

 

すると可愛らしいララフェルも自分たちの事を話したくれた。

 

 

FCのメンバーが忙しくてログインできない状況なことや

この場所でたくさんの思い出をつくってきたこと

話し合いの結果自動撤去される前に

自分たちの大切なこの場所を

大切にしてくれる人に譲りたいと決めたこと

大切にしてくれそうな人が見つかったこと

 

そしていつの日かまたFCのみんなで一緒に冒険をしたいということ

 

 

 

ピカプンは思った。

 

こんなに心優しいララフェルを野宿させるわけにはいかない。

 

ハウスシェアリング機能を使おう!!!

注意しておきたいのは

決してかわいいララフェルだったからではない。

他の種族だったとしてもきっとそうしただろう。

たまたまかわいいララフェルだっただけだ。

そう

たまたまかわララだっただけだ。

 

 

ピ「よかったらハウスシェアリング機能というのがあって

  テレポや家の施設が使えるようになるんですけどどうですか?

  仲間が帰ってくるまでこの家を

  自分の家のように使ってください(*´∀`*) 」

 

ラ「え!?イイんですか!?

  買っていただいたうえに使わせていただけるなんて...

  ありがとうございます;;」

 

 

 

こうして二人のララフェルの奇妙な共同生活が始まるのだった。

 

 

 

この物語は

家とかわいいララフェルを手に入れた

光の戦士が

家だけでなく

たくさんの思い出をつくっていく物語

 

...になるはずだ。